レインウエア選びの参考に

先進のテクノロジーから生まれるマテリアルの進化にともない
「雨は弾くが湿気は逃がす」
といった機能派ウェアが次々に登場しています。

素材を選ぶ際の参考にしていただいて、雨の日も
快適に釣りに出掛けよう!

前書き

透湿素材について解説してあるので、レインウェアとはなんぞや?
を理解していただきたく思います。

では本文をどうぞ。

素材の選び方

雨や水しぶきを防ぐ防水性はレインウェアの第一条件。
次に重要なのは、透湿性。

一昔前までは「カッパ」と呼ばれたレインウェア。
確かに雨水は弾いてくれるが、薄いわりに着心地が悪く、内側に湿気がこもるためムシムシとした
不快感がつきまとう。誰でも少なからずそんな経験があると思います。

でも、最近ではマテリアル(素材)の進化にともない、軽くて着心地がよく、防水・撥水性はもちろん
風合いなども格段にアップしたものが増えてきました。

さらに衣類内に湿気がこもらず、さらりとしたドライ感が長く続くものも。

この湿気を逃がす性能=透湿性を備えているか否かが、レインウェアの快適さを決定づける
重要なファクターになっています。

レインウェアの基本は"雨をしのぐこと"ですが、それがビニール素材なのか、透湿素材なのかと
いう点でムレ感や着心地が大きく違ってきます。

ビニール系で、安価な素材といえばPVCが一般的です。
もちろん、透湿素材ではありませんので、湿気はこもってしまいますが、価格が安価であり、
幅広く流通しています。

しかし、現在ではリーズナブルな価格帯のウェアでも、この透湿素材を採用しているものが増えています。

つまり、雨水は通さないが、人間が発する水蒸気は外に逃がす。
これがムレ感を極力感じさせない理由なのです。

最も有名なのは「ゴアテックス」ですね。価格も高額ですが、長年使用しても初期性能が低下しない
のはゴアテックスだけの特徴と、メーカーの説明にもあります。

このほか、アクアマックス、ドライシールド、レインマックス、東レのエントラントなど、様々な透湿
素材のアウターがリリースされています。

透湿の度合いは、数値で表すことができるようですが、実際商品のタグには書かれていないものがほとんどです。
13,500g/m2/24h←これがゴアテックスの透湿性能を表す数値ですが、前の13,500の数値が
高くなるほど、透湿性が高いようですが、これも一概には言いきれないようです。

例えばこの数値、「初期値」の場合もあるようです。
どういうことかというと、使用したり洗濯すると劣化していくということです。

上記のように、一概にこの数値だけでは解らないし、表記も無いことがほとんどですので、透湿性能は実際には
見分けようがないと思います。メーカーを信頼し、価格帯で選ぶ意外には無いでしょう。

レインウェアの選び方というよりは、透湿素材とはなんぞや?って感じになってしまいましたが、
購入の際の参考にしていただければ幸いです。

透湿性能の図

ちなみにゴアテックス等の透湿ってのを簡単にいいますと、1平方センチあたり14億個もの微細な孔(0.2ミクロン)をもっていて、ひとつの孔の大きさは水滴の2万分の1、水蒸気の分子の約700倍ですから、水は通さないのに、汗の水蒸気はすばやく放出するということだそうです。

生地を網とするなら、砂は通るけど石は通らないサイズ、要するに、水より小さく水蒸気より大きいってことですね。

以上、これからレインウェアを購入される際に参考になれば幸いです。