ワインドで太刀魚を釣ろう!

ワインドで釣った太刀魚

前書き

太刀魚をワンド釣法で効率よく釣る。とはいえ、ジグやバイブレーションで広範囲のレンジを探る釣りと思われている方が多いと思います。事実、私もワインドで釣れるのは知っていましたが、 ジグなどに比べて効率よく釣れるとは全く知りませんでした。

でも釣れるんですよ、コレが。

スーパーなんかで、一切れ300〜600円程度と高価な太刀魚がずんどこ釣れたら楽しいと思いませんか?
ぜひ釣り方と仕掛けを覚えて釣ってみてください。 家族にデカイ顔できること請け合いです。

仕掛け(リグ)

仕掛け

↑仕掛けの全体図はこんな感じ。

まずはワイヤーにケミカルライトを付けてその後ろにAX アックスを付け、ワームはマナティを装着。

ウキライト

ウキライトも色々ありますが、当店で扱っているのはルミカ パワー太刀魚ってヤツですのでこれで説明しますね。
この袋を開けると、上の写真のように硬いチューブ(右)と本体(左)と柔らかいチューブ(真ん中)が入っています。
硬いチューブを使うと、ワンタッチでパチンと装着が可能です。柔らかいチューブを使う場合は下記を参照下さい。

ウキライト チューブ

そのまま使うと中々 通らないので半分に切って本体の上と下に装着します。
通すときはつばなどで湿らせると通しやすいです。
ウキライトは色々なメーカーから出ていて、この時期はたいていの釣具店で売ってますので、ご自分に合ったメーカーの物を
使えばよいでしょう。

アシストフック

マナティをカルティバ ドリフトアックスに装着したところ

ドリフトアックスを使用し、上の写真のようにアシストフックを使用する方法もあります。
AXに比べて、フックが不安定な分、バラシが多くなることもあるかもしれませんが、ワーム本来の動きを出すには、こちらのほうが良いので、状況によって使い分けるのも良いかもしれません。

ウキライトをワームに埋め込む

発光体も、↑の写真のようにワームに埋め込むタイプもあります。直接光らせるより、発光体を少し離したほうが良いと思いますが、これでも食ってきます。最近はこちらのリグをよく見かけます。

ロッドは?

ワインドの場合、ルアーがきびきびと動かないといけないので、ロッドはエギロッド望ましいです。
ラインはPEラインをワイヤーに直結でもOKですが、PEは結び目が弱くなりがちなので、リーダーを使用するほうが良いでしょう。

アクションはエギをしゃくるように、ルアーに縦のアクションをつけます。
エギほど強くしゃくらないでも良いようですが、その辺は色々試してみるのも楽しいでしょう。

で、しゃくった後にフォールさせるわけですが、この時にガツンとくることが多いです。
ワインド釣法について、詳しくはこちらをクリックしてください。

この釣りのキモ

最も大事なのはレンジ。

夜ウキライトを付けて釣りをしていると、どのくらいのレンジを攻めているかが解ります。
ウキライトが見えるか見えないかをキープするとか、逆にしゃくって浮き上がった時だけ見えるくらいに沈める、または全く見えない状態まで沈めて使う、ずっと見えているような表層近くで使うなど、その日のレンジを探ることがこの釣りの大きなキモになります。

ここからは、実際に使用するタックル一覧になります。
もちろん、様々なメーカーから色々なタックルが出ていますので、当店で取り扱っておりますのは、
ほんの一部ですがご紹介させていただきます。

 

テンマウス サーベルリーダー

ワイヤーリーダー

太刀魚のような歯の鋭い魚には必須!

もうこれがないと全然ダメ。普通のラインなんて太刀魚の鋭い歯にかかっては一発で切られて
しまいますので、必須です。


サイリューム スーパーウキライト

スーパーウキライト

光で太刀魚を呼び寄せる!

光に集まる性質のある太刀魚ですので、ケミカルライトは必須。
サイズは20mmから10cmを超える物もありますが、50〜75mmが一般的です。


ルミカ ワインド太刀魚スクリュー型発光体!

ワインド釣法の必須アイテム!発光体の先端がスクリューになっていてるので、ワームに下穴をあける必要がありません。 ジグヘッドの近くにセットするだけで、ヒット率が飛躍的にアップします。


カルティバ AX アックス

フック

下針のついたAX!

アックスがベスト。餌釣りしている人が言ってましたが、太刀魚は魚を襲うとき、まず腹、内臓を狙って噛み付くそうです。なので、 ワームを装着したときに腹側にもフックが無いと掛かりがテキメンに悪くなりますので、腹側にもフックのあるAX アックスヘッドがおすすめです。


がまかつ ワインドトレーラー ダブル21

ダブルフックによるフッキング率の向上!

近年、大流行中の“ワインドテクニック”での超ショートバイトに対応するために、トレブルフックにトレーラーフックを装着する事が主流となっていますが、装着してもミスフッキングが多いために、ダブルフックを装着するアングラーが増えてきました。装着が簡単な樹脂キャップ式です。

ダブルフックによるフッキング率の向上を是非、体感して下さい。


オンスタックルデザイン マナティ90

ワーム

ワインドで狙うのが最も効果的 !

ワームもシャッドテール、カーリーテール、ピンテールと色々実績がありますが、ワインドで釣る場合はオンスタックルのマナティがベスト。カラーはMT-01のパールホワイトや08のグローなどに実績があります。

サイズは7590とあります。←各数字をクリックして下さい。


アクアウェーブ Spark(スパーク)85

高機能タフネスワーム!

タチウオなど鋭い歯のミスバイトにも傷付きにくい、タフネス素材を採用。

尾翼形状のテールがアクションに安定感とタメを作り、柔らかいのに強靭なボディ素材が生みだす波動と俊敏なダートアクションが、フィッシュイーターのリアクションバイトを誘います。

ダブルフックによるフッキング率の向上を是非、体感して下さい。


大きな群れが入ってきていれば、いとも簡単に釣れてしまいますが、群れが散ってしまうとかなりテクニカルな要素が濃いこの釣り。特に「縦のアクション」で、レンジをキープしつつ魚を誘い、うまく魚をだますことができるるかどうかで釣果が大きく左右します。

アタリの中には「フッと軽くなる」アタリなどもあります。これは「食い上げ」ですね。下からルアーめがけて太刀魚が食い上げた際、10g以上のテンションが抜けるわけです。ここでバシっと合わせてのったりすると、かなり快感です。

釣って楽しく食べて美味しい太刀魚。
秋の夜長にぜひ挑戦してみて下さい。