アジング・メバリング、ソルトライトゲーム

メバリング

メバル・カサゴに代表される根魚と呼ばれる魚達。
波止の人気者で、釣りやすく食べて美味しいアジ。

バスタックルでも狙えると言うが、どうやって釣るの?
と、思われる人達も多いと思います。

そこで釣具屋らしく、現在で最も標準的なタックルをご紹介いたしましょう。

根魚とは?

一般に「根」と呼ばれる海中の障害物近辺で生息している魚達のことを、総じて「根魚」と呼びます。

デカイものなら「クエ」なども根魚の部類に入るようです。が、ちょっとデカすぎますね。 一番身近な根魚と言えばやはり「メバル」ついで「カサゴ」でしょう。

東北ではアイナメやソイなどがポピュラーだそうで、大きいものになると、アイナメなどは70cmを超えるような一升瓶クラスのモノも釣れており、東北や北海道ではこのアイナメをメインにしたロックフィッシュゲームが盛んだそうです。

ここでは波止から気軽に狙えるメバルやアジをメインに解説しましょう。

メバリング ポイント例

↑の図はメバルやアジが回遊してきやすい場所や、居付きやすい場所です。
基本的にメバルもアジも同じような場所で釣れますが、底に近い中層から明かり周りでは表層にいるメバルなどに対して、アジは底をメインに釣ることになります。

昼間メバルたちはテトラの間や海底にあるストラクチャーに身を寄せています。
そして夜になると捕食するために、上図にあるような場所を回遊します。

 

メバリングやアジングのジグヘッドタックル

さて、実際に使用するタックルですが、左図にあるものが最もスタンダードな仕掛け。

鉛に針のついたジグヘッドに、2インチ程度の小型ワームをつけただけのモノです。これをメバルやアジが居そうな所にキャストして、あとはゆっくり巻いてくるだけ。

こう書けば簡単に釣れそうですが、実際にこれだけなのです。ただし、リールを巻く速度、ジグヘッドの重さによってワームの泳ぐレンジが変わってきますので、その日、その場所の魚のコンディションによって、狙う層を変える必要があります。

タックルの注意点ですが、メバルやアジは口が小さいので、食い込みの良いロッドを使うことは、釣果を伸ばすコツになります。バスロッドでも代用は可能ですが、釣果を伸ばすには専用のロッドがお勧めです。

ロッドのティップはチューブラが全盛でしたが、最近ではソリッドが好まれるようになっています。

ラインも、最近ではフロロの2LB程度を使用する人が増えているようで、極細PEを使う人よりもフロロ派が多数派になってきているようです。

ワーム類は、アジもメバルも基本は同じですが、アジは2.5〜3インチの細長いワームが主流になっています。
メバルは1.5〜2インチ程度が主流ですね。
エコギア 活アジ レイン アジキャロスワンプ エコギア メバル職人ミノーSS オフト スクリューテールグラブ
エコギア ソフトサンスン レイン アジキャロスワンプ エコギア ミノーSS スクリューテールグラブ
ワームといえば、エコギアは外せませんよね^^アジ専用に開発されたサンスンは超ソフト素材仕様です。

ソルト系ワームに強いレインのアジング代表ワームで、超ソフト素材を用いた細なが〜いワーム。

メバリングに火が点いた時に、最もよく売れたワームがコレ。実際によく釣れるので、今でも定番の一つです。

メバルワームの代表といえばこのネジ系ワームでしょう。最も最初にこの形のワームをリリースしたのがオフトです。

ハードルアーで狙うのも効果的。メッキやカマスなど、小型のフィッシュイーター全般に効果◎

ラッキークラフト ワンダー デュオ テトラワーク スユラメキ スミス シラスミノー ジャクソン ピグミーボックス PYリップレス
ワンダー45 ユラメキ シラスミノー PYリップレス
最も信頼の厚いリップレスと言えばコレ。この45mmサイズでも、ユラユラとした泳ぎで良い仕事してくれます。 デュオ・テトラワークスシリーズの中からリップレスをチョイス。もちろん、同シリーズのミノーもグッドです。 小型ミノーの代名詞的なルアーで、私が釣りを始めた20年前には既にありました。これもよく釣れるルアーです。 ジャクソン・ピグミーボックスシリーズ。釣果には定評のあるジャクソンが安価なシリーズをリリース。

アジング、メバリングなどの遠投用タックル

左図にあるのは、遠投を考えた時のタックルです。

上図にあるタックルでは届かない場所まで、ルアーを送りこんでやろうという工夫がなされたタックルです。

まず、遠投したければラインを細くすることが、一番てっとり早い。なんと3LBのPEラインは0.3号と極細なので、遠投するには不可欠な要素でしょう。

もちろんロッドを長くするのも効果は◎

そして、錘がフックと一緒になっているジグヘッドと違い、ルアーから少し上に錘や飛ばしウキなどを装着する、スプリットショット(キャロ)リグを使用すると、錘の影響を受けないワームがまさに弱った小魚を演出してくれますので、これも効果大。

アジの場合、底を探ることになるので、飛ばしウキの代わりにキャロシンカーに変えて使う方法が今では主流です。

飛ばし浮きにもサスペンドタイプやシンキング、フローティングといったタイプがあり、コンディションに合わせて使い分けていきましょう。

ロッドは割とパッツンパッツンなチューブラティップが好まれていましたが、今ではソリッドタイプが人気です。
でも、ハードルアーを使うとなるとチューブラがおすすめですね。
ヤマガブランクス ブルーカレント バリバス アジングマスター オリムピック コルト ゴールデンミーン JJ Mack AIR
ブルーカレント アジングマスター コルト JJマック Air
当店人気1!全機種チューブラ仕様ですが、国内生産の美しい仕上がりがこだわりを見せています。
極細のソリッドティップ搭載で、感度の良さが伺えますが、デザインがおしゃれでカッコイイです。 長い歴史に培われた技術の蓄積がある、信頼のメーカーオリムピックが送る国産ロッド。 安価でも高性能な商品で人気のブランド、ゴールデンミーンがリリースするアジングロッド。

カサゴにはアンダーショット

最後に私の大好きなカサゴなどを狙う場合のタックル。

あまりにも絵が下手なのですが、ご容赦くださいね。底べったりのカサゴやアイナメを狙う場合、ジグヘッドでは即、根がかりしていまいます。根がかりしないような場所ではカサゴのような魚は期待できないでしょう。

この場合、テキサスリグやアンダーショットリグにすることをお勧めします。
上図はアンダーショットですが、これなら漁港の中であれば、まず根がかりは回避できます。地磯など、根が濃い場所ではさすがに万全とはいきませんが、一番根がかりが少ないリグでしょう。

フックは、オカッパリフック等のオフセットフックが良いと思います。

アジングやロックフィッシュなどのタックルについては↓のページを参照してください。
アジング・メバリング用タックル

かなりな数がありますが、アジもメバルも使用するルアーやロッドなどはほぼ同じです。
ワームの場合、アジのほうが細長いワームを好むようで、メーカーからリリースされているアジ用のワームは少し長めの細いモノが良いようです。

さて、ここでご紹介したタックルはごく一般的なモノですが、私は釣りで一番重要なのはタックルよりも「場所」だと思っています。 狙う魚が一番濃い場所を捜すこと、それがなにより釣果に繋がります。

ここに訪れていただいたアングラーの方々も、地元で自分だけの場所をぜひ見つけてください。
そうすれば、きっと良い釣りが楽しめるでしょう。